About

石を主な表現素材として活動を続ける彫刻家

花崗岩の塊から四角い部屋を抜き、その中から北極星を望む「瞑想の部屋」シリーズ、花崗岩の四角い塊から四角い芯を抜いた「瞑想のトンネル」をはじめ、石を高温で焼いて表現した「standing earth」「moving earth」など作品は多岐に渡る。

近年では土地の緯度に合わせ常に北極星が確認できるよう角度が調整された「北極星との交信」シリーズを制作している。

 

 

SCULPTURE

石皿

独自の技法で作られた新しい器

石を焼く。高温で石を焼く。石が融け、形が変わり、不思議な色がにじみ出る。そのようにして、まったく新しい器が生まれた。

LEAN MORE

作品搬入風景

北極星との交信Ⅴ

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google